中野区「いしい内科クリニック」に当店のお弁当をお届けしました

タイトル

新型コロナウィルスが世界で猛威を振るう中、まさに日本中の医師や看護師などの医療従事者の方々が最前線で戦ってくださっています。 アジアンタワンでは、人々の生命を守るために全力を尽くされている医療従事者の方々へ「食」の力で支援できればと考え、このたび、中野区沼袋にある「いしい内科クリニック」に勤務されるスタッフの方々に当店のお弁当を無償で提供させていただきました。

4月28日(火)

当店スタッフがクリニックに伺いました。

「いしい内科クリニック」は胃や大腸の内視鏡検査などを行う地域密着型のクリニックですが、近隣の大病院が患者受け入れ能力の限界に近づく中、フェイスシールドなども手作りで対応に当たっているそうです。地域の患者さんの不安を少しでも和らげるために、大病院では行き届かないキメの細かい医療サービスを提供されていらっしゃいます。

この厳しいコロナ禍で疲労も蓄積していることでしょう。当店のお料理で少しでも心温まるひと時をお過ごしいただけたらという思いでお届けさせていただきました。

今後もアジアンタワンでは新型コロナウィルス感染症に対して最前線で対応する医療従事者の方々を「食」を通じて支援していきたいと思います。 1日でも早く、平穏な日々が戻ってくることを、スタッフ一同願っております。



今回お弁当を届けたクリニック

東京都中野区沼袋4-31-11 メイゾン丸山1F

いしい内科クリニック 石井 史 院長

https://isicl.jp/


【アジアンタワンプロジェクト ~「食」を通して、タワン(太陽)が食卓を照らします。~】

2020年4月28日   アジアンタワン